Story

お知らせアイコン

ストーリー

story
森の国、ラオス。

森の国、ラオス。

メコン川の中流域に位置する東南アジア唯一の内陸国、ラオス。

豊かな森に恵まれたこの国は「貧しくも飢えのない国」とよばれ、自然と共生した暮らしを守ってきました。 そんなラオスの山奥で、伝統的な焼畑農法を営む山岳少数民族の人たちに出会いました。

彼らは毎朝早くにロバを連れて山に出かけていっては、森を拓いた畑で陸稲や野菜を育て、 休閑地でキノコや薬草を採り、森の中で狩りをし、草木で布を美しい色に染める 。子ども達は木を削り作ったコマで遊ぶ。彼らにとって森は、生活そのものでした。

村長 山 畑 少女

焼畑にかわる農法を。

今、その豊かな森林が失われつつあります。

人口増加や貨幣経済の流入により、焼畑はもはや持続可能な農法ではなくなっているのです。

森林がゴムやトウモロコシのプランテーションに置き換わったり、農薬や化学肥料の流入も始まっています。

しかし、せっかく森を切ってまで栽培をはじめたものの突然誰も買いにこなくなったり、慣れない肥料の使いすぎで土が痩せてしまったり。 これまでの森とともにある暮らしや、将来得られるはずだった収穫が失われつつあります。

焼畑にかわる農法を。
story
森の国、ラオス。

森とともにある農業”アグロフォレストリー”

そこで坂ノ途中では、「アグロフォレストリー」の考え方を用いたコーヒー栽培の普及に取り組み始めました。 農業と林業をかけ合わせた、「森をつくる農業」とも呼ばれる農法です。 果樹などがつくる日陰で栽培することで、強すぎる日差しや寒波からコーヒーの木をまもり、じっくり熟したおいしいコーヒーができる。 果物もあわせて出荷し、収益も確保できる。そんな森づくりを目指しています。

Producer

お知らせアイコン

生産者紹介

わたしたちと農家さんたちの挑戦はまだまだはじまったばかり。

最近はよく、ラオス北部ルアンパパーン旧市街から一時間半ほど車を走らせたところにある、

モン族が暮らすロンラン村に訪問して、さらにおいしいコーヒーづくりのため、試行錯誤しています。

今回はお世話になっている農家さんの中から、一部の農家さんをご紹介。

YaYeeYan

ヤーイーヤンさん

コーヒー歴は20年。きっと村で一番コーヒーに詳しい農家さん。

仕事がとても丁寧で、いつもこっちが教えてもらってばかり。

SaiThorYan

サイトゥアヤンさん

コーヒー農園は村最大。笑い方も飲みっぷりも栽培方法も豪快。

一度しゃべりだすと止まらない。自家製の米焼酎(ラオラーオ)は美味。

NyaPorYan

ニェッポーヤンさん

几帳面で、農園はいつも整頓されている。

基本無口でクールだが意外と笑顔はかわいらしい。村の宿の管理人で、元軍人。